LEDの影響

ガタガタの北陸自動車道(下り車線)








名神高速から北陸自動車道に入ると、高速道路と思えないほど道路の状態が悪く急いでシャッターを切りました。




















補修跡がない場所でも粗いアスファルトの振動が伝わってきます。表面が剥がれてるのでないかと思いました。










継ぎはぎだらけでガタガタです。



















工事の準備のようです。




























継ぎはぎが長く続いています。













































右車線の補修跡の手前はたくさんのヒビが入っています。


舗装し直してまだ新しいと思われる追越車線上に補修跡が点々と続いていました。





























センターラインに水が滲んでるような跡が見えます。雨水が染み出してるのでしょうか?当日は朝から晴れです。









上の続きです。はっきり撮れてないので拡大してもわからなかったのですが、補修跡とはちょっと違うように思えます。


工事車両が見えてきました。





























かなり長かったです。










上の長い工事を過ぎて6分後、また片側通行止めです。左の走行車線はサビのような色が浮き出ています。









工事はこれからでしょうか。カラーコーンを並べ始めたところのようです。










両方の車線に茶色い変色が見られ、路肩には太く長い補修跡が見えます。










左の補修跡と白い車の右側が少し波打っています。










かなり状態が悪いです。


トンネルの中も工事でした。



















長い、、










トンネルを抜けてもカラーコーンが続いていました。これから工事でしょうか?
このあたりは道路灯がたくさんあり、全部LEDです。










カラーコーンが長く続きます。









左車線の補修跡はへこんでおり、右車線はかなりざらざらしています。










道路の状態はとてもひどいです。




























補修跡のあたりは少しへこんでいます。







































路肩もすごい補修跡です。










手前のトンネルから長い片側通行が続き、またトンネルの中で工事。。










トンネルを出ると右の車線はひどい補修跡。アスファルトの色も左の舗装したてと比べ褪せたような感じです。こんなに違うものでしょうか?




































不気味な補修跡が続きます。


















右の路肩の補修跡がひどいです。


















舗装し直した上にもうひび割れの補修跡があります。




















太く深い白線のひび割れ。このような中央の深いひび割れはたくさんありました。





















































































































































































































北陸自動車道の米原JCT〜福井北JCT間の下り車線は、継ぎはぎやひび割れの補修跡だらけで、
アスファルトの表面は粗く、ガタガタしたり嫌な振動が続いたりと、これが高速道路かと目を疑うほどの状況でした。
途中工事をしてるところが何ヶ所もあり、現場の人たちはどう考えているのかと思いました。
LED化が進むにつれ、このような激しい劣化が全国で増えています。
(2017年9月中旬撮影)


全国のLEDによる影響は、こちらでご覧いただけます。
「LEDの影響 (1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)  (8)