LEDの影響


倒木だらけの公園



公園を歩きはじめると根こそぎ倒れている樹木がたくさんあり、しばらく観察していましたが途中から撮影していきました。


奥の倒木は根が土に残っているのか、倒れたまま葉を茂らせています。手前の切り株にはキノコ状のものが…。


根がとても弱々しいように思えます。




上の写真左側の伐採された木の根元のアップ。




道の両側にたくさんの倒木があります。






上の写真の右側の倒木のアップ。




     

木の内部はとても乾燥しているようです。


たくさんの枝が伐採され、あちこちに積み上げられていました。


かなり奥の方です。取り残されたまま朽ちていくのでしょうか。


倒木のため立ち入り禁止と書かれた札の奥に、幹がへし折れた木が見えます。








切り株の内側が炭のようになっています。


一ヶ所でいろんな方向に倒れているところがありました。


奥の方に倒木がたくさん見えます。


上の写真の左側に近づくと、さらに左に倒木が横たわっていました。


     

幹が直角に折れています。こんなふうにぽっきり折れるものでしょうか。




竹や木々が池の中に倒れこんでいます。土が流れて減ってるのではないでしょうか。


太い枝がひしゃげるように折れています。




    横
  か
  ら

  →
 

池のほとりの木は身をよじってるように見えました。




花壇の土台に大きなヒビが入っていました。拡大↓

かなりズレが生じています。


休憩所の床は、ひび割れかなり浮き上がっていました。




羊小屋がありました。この周辺も大木が倒れたままです。


羊小屋の横の樹のみちを見渡すと、倒木や切り株がいくつも目に入ります。


樹のみちを進んでいくと、ここにも木々の無残な姿がありました。












木が傾き、根が半分浮き上がっています。


根の一部が土に残っているのか、倒れたまま葉を茂らせています。


木の内部が細く裂けているように見えます。


   

桜の根元は傷んでおり、次の夏が心配されます。




 この公園は昨年の台風21号によってたくさんの樹木が倒れ、しばらく閉園していたそうです。
台風21号は25年ぶりの強い勢力だったそうですが、
この数年の強力なLED化の推進がなかったら
ここまでの被害は出なかったのではないかと思いました。
(2019年5月9日撮影)





全国のLEDによる影響は、こちらでご覧いただけます。

ゼロ感性